CARERRA<カレラ>最新モデル

イタリアのカレラ
レーシーでタフなバイクフレームがラインナップし、通好みのブランド

りんきちでも開業以来途絶えることなくお客様に乗って頂いていますが、
オーナーさんは皆さんコアなカレラファン!になられます。

AR-01
ステムからトップチューブにまっすぐ伸びるラインは独特のスタイル
エアロダイナミクス、軽量かつ高剛性
DSCN6972 (640x480) DSCN6965 (640x480)
プロ~上級ライダーを満足させるカレラのレーシングモデル

DSCN6963 (640x480) エラクルエア
レースもホビーも、どちらのライドでも頼もしい相棒になるオールラウンダー

SL 7(スーパーライト7)は、T800HMカーボンを使用し軽量でヒルクライムから
グランフォンドまで幅広いシーンに
DSCN5114 (640x480) SL-7(フォトは昨年末の展示会)

フィブラEVO
DSCN6964 (640x480) DSCN6971 (640x480)
カレラといえば、コレ!という方も多い独特の形状
外見の華やかさもさることながら、力強いパフォーマンスを
発揮する人気モデル

お待たせしました2018年の新作は
TD01-AIR
DSCN6967 (640x480) DSCN6968 (640x480)
必要な箇所に高弾性カーボンを配置し、高い剛性を確保
DSCN6969 (640x480) DSCN6970 (640x480)
利点の多いダイレクトマウントブレーキ仕様
チェーンステイは断面を大きくし、剛性を和らげながら反応性も失わず
快適性も得ています。

DSCN5118 (640x480) ヴェレーノTSや

前傾がゆるいアップライドポジションでロングライドに適したER-01も継続
DSCN7000 (640x480)
DSCN7001 (640x480) 安心感の高いブレーキング ディスク仕様

自分だけのこだわりのロードバイクが欲しいと思っている方に
おすすめのフレームが揃います。

レースやイベント会場でもキラリと光る一台を組み上げることができますよ!
カレラ りんきち CARERRA 愛知 名古屋 りんきち 
りんきちのホームページ

ちょっと涼しいアイテム

本日のロードバイク走行会はとても暑い中、14名のお客様が集まり
3つのグループに分かれて、久しぶりの大垣墨俣一夜城に行ってきました。

DSCN7035 (640x480) DSCN7036 (640x480)

DSCN7037 (640x480) DSCN7041 (640x480) DSCN7043 (640x480)
堤防道路を走ってても走行風は温風のように暖かくて、あまり身体が冷えません。

DSCN7044 (640x480) DSCN7045 (640x480) DSCN7046 (640x480)

DSCN7047 (640x480) DSCN7048 (640x480) DSCN7050 (640x480)

DSCN7051 (640x480) DSCN7053 (640x480) 出世できるかも

DSCN7054 (640x480) DSCN7055 (640x480) 美味しい大垣ラムネ

そこで秘密兵器がありました。

DSCN7086 (480x640) スポーツバルム

7年ぐらい前に店長がおすすめしていたオランダ製のスポーツバルム社の
フレッシング フルードをお客様が持っていて使わさせていただきました。

DSCN7059 (640x480)

これはローズマリー油、ハッカ水などアロマ成分で暑い時、運動前、運動中、
運動後に使用すると清涼感と皮膚をひきします。
DSCN7058 (640x480)

ライドの時は別容器に小分けして、休憩の時に首筋に噴射すると「スーッ」として
リラックスな香りと走行風でのひんやり感がでます。
DSCN7057 (640x480)

また熱帯夜で寝苦しい時に、寝る前に首筋や背中などに塗ると清涼感と
アロマ成分で良く寝れるかも。

DSCN7062 (640x480) DSCN7063 (640x480) DSCN7064 (640x480)
りんきちに戻って、本日の夏メニューは冷たいそうめんです。
自家製のプチトマトときゅうりの夏野菜を食べて、暑い夏を乗り切りましょう!

DSCN7065 (640x480) DSCN7066 (640x480) DSCN7068 (640x480)
暑い中、お疲れさまでした。

りんきちのホームページ

TIME 2018モデル 新情報

ラグジュアリーフレームブランド TIME の
新しいニュースをお知らせします。

製品ラインナップは2017年から継続になりますが、
2018年一新するのがそのデザイン!

これまでのTIMEにはないほどシンプルに
DSCN6945 (640x480)

DSCN6946 (480x640) DSCN6947 (640x480)

DSCN6948 (480x640)

世界のトレンドは「シンプル」
TIMEもそれに準じて、2色を大きく配置するスタイルに
DSCN6950 (640x480) DSCN6951 (640x480)
DSCN6953 (640x480) フルイディティ

今回の展示モデルは、フラッグシップのSCYLON(サイロン)と
フルイディティのみでしたが、アイゾンもこのデザインスタイルで展開されます。

DSCN6954 (640x480) DSCN6956 (640x480)

全てのモデルには、ディスクブレーキ仕様とキャリパーブレーキ仕様、アクティブフォークと
クラシックフォーク、トランスリンクポストとセパレートポストと幅広く選べます。

特色のひとつであるアクティブフォークは、身体に不快感を与える
低周波を低減させます。
これにより、心拍の上昇や集中力の低下を抑える効果があり。

タイムのフレームはカーボンの糸から自社生産し、
RTM製法で必要箇所にベクトラン(衝撃吸収材)やケブラーを入れる事ができ、
カーボンのシートも好きな角度にでき、総合的にフレームの品質が安定します。

このオリジナルの技術の高さが、まるで羽が生えたような素晴らしい
走行性能を生み出しているんですね!

TIMEの歴史はペダルからスタートしたそう。
ロードペダルのXPRESSOは重量が異なる豊富なランナップ
DSCN6959 (640x480) DSCN6960 (640x480)
スピーディな脱着が可能で人気のシリーズです。
DSCN6961 (640x480)

DSCN6962 (640x480)

タイム早期ご予約受付中です

店長も現在の愛車はTIME
その魅力をお伝えしますので、興味のある方はお気軽にご相談下さい。
愛知 名古屋 TIME ロードバイク りんきち タイム
りんきちのホームページ

maloja<マローヤ>フェア開催♪

ドイツのアパレルブランド maloja<マローヤ>のフェアを
開催いたします!

DSCN7020 (640x480)

マローヤは毎年テーマを掲げ、
多彩なデザインで楽しませてくれるブランドです。

DSCN7033 (480x640) DSCN7026 (640x480)

ユニークなモチーフ、ナチュラルで素敵なカラーバリエーションは、
他にはない魅力

DSCN7021 (480x640) DSCN7028 (480x640) DSCN7029 (480x640)

ロード・MTBのバイクアパレル、カジュアル、バッグなど・・・
只今、日本にあるすべてのマローヤがりんきちに集結しています。

DSCN7031 (640x480) DSCN7022 (640x480) DSCN7023 (640x480)

日本に入る物もとても少数で、サイズ、カラーとも1点物がほとんど。
気になる方は、早目にご覧になりに来てください!

DSCN7030 (640x480)

マローヤフェアの開催は8月11日(金)山の日までです。

りんきちのホームページ

MAVIC 2018年展示会

2018年のMAVICのロードホイールは、
チューブレス(UST)仕様が多数登場します。

DSCN6898 (640x480)
MAVICのMTBホイールは10年以上前からUST仕様があり、
なんで今頃になってロードもUSTになったの?
と担当者に質問したら開発は何年も前から取り組んでいたそうです。

DSCN6899 (640x480)
最近急速にワイドリム(17C)が普及してきて、
USTの精度が出せるようになったので、満を持してということだそうです。

DSCN6900 (640x480)
MAVICのUSTのセミナーを1時間ぐらい聞いて、
これなら皆さんにチューブレスを積極的に勧められる!と思いました。

DSCN6901 (640x480)
従来、タイヤメーカーは走行中ビードが外れては危険なので、
外れることがないように小さめにタイヤを開発
対するホイールは同じくタイヤが外れないようにリムの外径を大きめに製作・・・

DSCN6902 (640x480)

このそれぞれの事情がサイズ間の溝を作り、
タイヤの脱着を労力を要する難しい作業にしてしまいました。

DSCN6903 (640x480)

MAVICはタイヤメーカー・ハッチンソンとの共同開発でホイールに
本当にピッタリのタイヤを用意
DSCN6904 (640x480)

実際作業をしてみると驚くほど簡単にはめることができました!
力やコツはいりません。
DSCN6905 (640x480)

エアーを上げて押し上げる「ビード」もフロアポンプや携帯ポンプで
楽に上がります。

外出先での不安も減ります。

チューブレスシステムの利点は、空気圧低めの設定が可能で
乗り心地がアップ。

また内部でのチューブとタイヤの摩擦がない為、
軽い走り心地、速度も上げることが可能。

パンクする時も10数秒かけてエアーが抜けていくスローパンクチャーなので、
バランスを保ちやすく落車の危険性を下げてくれます。

MAVICのロードUSTはこのチューブレスの良い所を、
かなり高レベルで実感できる印象です。

ホイールのステップアップをお考えの方は、
MAVICのUSTを候補に入れて下さい!

りんきちのホームページ

続きを読む »

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

りんきちオーナー

Author:りんきちオーナー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスありがとう

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク