FC2ブログ

シャワーキャップ

暑い夏のパフォーマンスを高めるシャワー冷却をご紹介します。

DSCN6606 (640x480)
走行中に水を浴びるメリットは、気化熱を利用して身体表面の温度を
下げることで、体温上昇を防ぎパフォーマンスアップにつながります。

普通のボトルに水を入れるのと何が違うの?
このキャメルバックのシャワーキャップを使用すると、8つのノズルで一気に
広範囲を濡らせて、水の使用量を約1/3に抑えられ高効率です。

DSCN6607 (640x480)
おすすめの使い方は、2ボトルでダウンチューブにはノーマルキャップで、
お好みの飲料水。シートチューブにはシャワーキャップボトルに真水。

プレクーリング:スタート前の汗をかく前に衣服を濡らして、皮膚表面温度を
下げます。

ライディングシャワー:ライディング中は10分に1回、太もも、胸、肩、上腕など
の前方、風が直接当たり気化しやすく、衣服が風圧で体に密着している部分に
かけると、より少ない水量で効果的に冷却が出来ます。

DSCN6608 (640x480)
気温が25度を超える日中であれば、積極的に身体を冷やして汗を
かかないようにして走るのがおすすめです。

りんきちのホームページ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

りんきちオーナー

Author:りんきちオーナー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスありがとう

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク