FC2ブログ

カーボンバイクのリペア

軽量で剛性も高く、振動を和らげる特性を持つ“カーボン”は、
各ブランド、ロードバイクフレームの主力素材として使われています。

ツーリング、レース時の落車や、バイクが倒れて衝撃を受けた時に
起こるカーボンフレームの破損

破損状況を的確に超音波診断したり、
ドライカーボンの非常に高度な補修や修正を特殊技術でリペアしてくれるのが
CARBONDRY JAPANさんです。

りんきちでも数人のお客様にご紹介しており、
先日は落車による破損のフレームを診断&修理して
頂きました。

超音波診断によると、深刻な破損個所は1か所。
rl8 カーボン (518x268)

そのシートステイ部、ドライカーボンを巻いた上、高温で焼成
001 (640x480)
強度が復活し、、安心して乗って頂けるフレームに
なりました。
002 (640x480) 
※デカールを再現するペイントサービスなどもオプションで有り

高価なカーボンバイク、破損したからといってすぐ買い換えられるわけ
ではありません。バイクに愛着があればなおさらです。

しかし、見た目以上に深刻だったり、一気に状態が悪くなるのが
カーボンの特質であり、そのまま放置しておくのは事故や怪我を
引き起こす要因になってしまいます。

特殊な技術でコストは安くないですが、
診断やリペア、カスタムなどもニーズに応じた対応をして頂けます。

カーボンフレームに不安のある方はご相談下さい。

001 (480x640) 002 (480x640)
先日、名古屋のサイクルトレンドのイベント会場でKTMオレンジブースを見て気に入り、
KTMのカーボンバイクのレベレーター2.0を納車しました。
007 (480x640) 009 (480x640)
KTMはヨーロッパのオーストリアのメーカーで、2輪バイク、4輪、自転車と
幅広く手掛けています。

どのジャンルもオレンジカラーを基調としたオリジナリティ豊かなデザインが特徴です。

003 (480x640) 008 (480x640) 004 (640x480) 005 (480x640)
ヘルメットやボトルケージ、サドルバッグなどオレンジカラーで統一し、バランス良くまとまりました。

011 (640x480)
初めてのビンディングペダルにも練習して、慣れていただきました。

遠方からご来店いただき、ロードの走行会にも参加して頂きます。

りんきちのホームページ

コメント

いろいろとお世話になりました。
これからもよろしくお願いします。

本日はありがとうございます。
早くロードに慣れて、走行会のご参加お待ちしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

りんきちオーナー

Author:りんきちオーナー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスありがとう

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク