FC2ブログ

TITANIUM

現在のロードバイクのパイプ素材の主流は、アルミ合金、カーボンファイバーで、
金属系ではクロモリ、チタニウムがあります。

DSCN3340 (640x480) DSCN3341 (640x480)
ちょっと珍しいNEO COZMAのチタニウムフレームをご紹介します。

一般的なチタンフレームは通常、Ti-3Al-2.5V(通称3-2.5チタン)を使用します。

DSCN3342 (640x480) DSCN3349 (480x640) DSCN3344 (640x480)
このNEO COZMAはもっと剛性の高いTi-6Al-4V(通称64チタン)のチタン合金
シートを螺旋状(スパイラル)に溶接して、ダウンチューブ、、シートチューブ及び
右チェーンステイに使用されます。

DSCN3348 (640x480)
64チタンは高度な加工技術が必要で、真空状態の小さな部屋で職人が
丁寧に溶接しているそうです。

試乗した感想は、過去に乗ったチタンバイク(3-2.5チタン)よりも、ペダルを
踏み込んだ瞬間からパンパンと前に進み、走りの軽さが印象的でした。

DSCN3346 (480x640)
フロントフォークには、やや剛性を下げた3-2.5チタンを使用し快適性と
疲労軽減になります。

DSCN3343 (640x480)
表面仕上げはミラーポリッシュとマットフィニッシュがあり、ミラーポリッシュの
方は磨き上げるためにはのべ30日近くの工程を要し、究極の鏡面加工です。

仕様はリムブレーキ仕様とDISCブレーキ仕様、チタンフォークとカーボン
フォークの選択になります。

DSCN3351 (480x640) DSCN3347 (480x640)
チタンアクセサリーで、Tiステム、Tiシートポスト、Tiシートクランプなどもあります。

DSCN3350 (480x640) DSCN3345 (640x480)
NEO COZMAにご興味のある方は、店長まで聞いてください。

りんきちのホームページ

 | BLOG TOP | 

プロフィール

りんきちオーナー

Author:りんきちオーナー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスありがとう

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク