MAVIC 2018年展示会

2018年のMAVICのロードホイールは、
チューブレス(UST)仕様が多数登場します。

DSCN6898 (640x480)
MAVICのMTBホイールは10年以上前からUST仕様があり、
なんで今頃になってロードもUSTになったの?
と担当者に質問したら開発は何年も前から取り組んでいたそうです。

DSCN6899 (640x480)
最近急速にワイドリム(17C)が普及してきて、
USTの精度が出せるようになったので、満を持してということだそうです。

DSCN6900 (640x480)
MAVICのUSTのセミナーを1時間ぐらい聞いて、
これなら皆さんにチューブレスを積極的に勧められる!と思いました。

DSCN6901 (640x480)
従来、タイヤメーカーは走行中ビードが外れては危険なので、
外れることがないように小さめにタイヤを開発
対するホイールは同じくタイヤが外れないようにリムの外径を大きめに製作・・・

DSCN6902 (640x480)

このそれぞれの事情がサイズ間の溝を作り、
タイヤの脱着を労力を要する難しい作業にしてしまいました。

DSCN6903 (640x480)

MAVICはタイヤメーカー・ハッチンソンとの共同開発でホイールに
本当にピッタリのタイヤを用意
DSCN6904 (640x480)

実際作業をしてみると驚くほど簡単にはめることができました!
力やコツはいりません。
DSCN6905 (640x480)

エアーを上げて押し上げる「ビード」もフロアポンプや携帯ポンプで
楽に上がります。

外出先での不安も減ります。

チューブレスシステムの利点は、空気圧低めの設定が可能で
乗り心地がアップ。

また内部でのチューブとタイヤの摩擦がない為、
軽い走り心地、速度も上げることが可能。

パンクする時も10数秒かけてエアーが抜けていくスローパンクチャーなので、
バランスを保ちやすく落車の危険性を下げてくれます。

MAVICのロードUSTはこのチューブレスの良い所を、
かなり高レベルで実感できる印象です。

ホイールのステップアップをお考えの方は、
MAVICのUSTを候補に入れて下さい!

りんきちのホームページ

続きを読む »

営業時間のお知らせ

昨日は、奈良の方へTIME CARERRA Chineli ORBEA など
りんきちの主力ブランドを扱うポディウムさんの
2018モデル発表会へ出かけてきました!

旬の情報は、随時ブログでお伝えしていきますね。

お知らせ
本日7月13日(木)も展示会に出かけるため、14:00からの営業といたします。
ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。
タイム チネリ 愛知 名古屋 ロードバイク 自転車 カレラ オルベア 2018
りんきちのホームページ

 | BLOG TOP | 

プロフィール

りんきちオーナー

Author:りんきちオーナー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスありがとう

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク