カンパホイールをメンテナンス

お客様のご依頼で、愛用のホイール、カンパニョーロのシロッコ35
をメンテナンスしました。

DSCN6865 (640x480)

これまでの走行距離は2万キロ以上!かなり距離を走られるお客様です。
雨の走行などもあり、安全の為にも必要な作業です。

DSCN6866 (640x480) DSCN6868 (640x480) DSCN6870 (640x480)
分解し状態をチェック

DSCN6869 (640x480) DSCN6867 (640x480) 新しいベアリングとフリーボディ

フリーボディの2つの内蔵ベアリングはゴリゴリで回転性能が
著しく低下していると判断したので、交換

DSCN6871 (640x480) DSCN6872 (640x480)
前後ともハブのベアリングも同様の状態で、
交換することにしました。

その他、必要な部分を洗浄や注油

完了すると、オーバーホール前にカチャカチャカチャと大きく鳴っていた
ラチェット音は、小さくなりました。

お手持ちのホイールのラチェット音のボリュームが大きくなってきたら、
オーバーホールのタイミングです。

新品で購入のホイールは金属粉が出やすいので、
約2000~3000km走行でオーバーホールすると良い状態になります。

2回目からの目安は約4000kmで

これでお客様にはより気持ち良く走行して頂けるように
なったと思います!

定期的なオーバーホールが、ホイールの性能を存分に発揮させ、
製品寿命を延ばすカギ!
ぜひ店長にご相談下さい。

りんきちのホームページ

 | BLOG TOP | 

プロフィール

りんきちオーナー

Author:りんきちオーナー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスありがとう

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク