FC2ブログ

Maloja 2021年春夏カタログ

ドイツのアパレルブランドMaloja<マローヤ>2021年春夏
カタログがりんきちに届きました。

DSCN6740 (640x480) DSCN6741 (640x480) DSCN6742 (640x480)
2021年サマーのフォトシューティングは、ドイツです。

DSCN6744 (640x480) DSCN6745 (640x480) DSCN6746 (640x480)

DSCN6749 (640x480) DSCN6750 (640x480)
マローヤスタッフが実際に登ったり自転車で走っている場所で撮影されています。

DSCN6747 (640x480) DSCN6748 (640x480)
ドイツ ミュンヘンからスタートして山岳方面へのツーリングとか
南バイエルン地方のローカルな山でのトレッキング&クライミングあったり、
オフィースから自転車で走っていけるマウンテンバイクのルートツアー&キャンプや
バイクパークでのセッションなどで撮影しているそうです。

DSCN6743 (640x480)
今回のコレクションテーマのSOUL IN THE WOODSは、
マローヤ創設時のファーストコレクションと同じテーマになります。

DSCN6751 (640x480) DSCN6752 (640x480)
写真集のようなMalojaのイメージBOOKです。
沢山ありますので、欲しい方は遠慮なく店長まで言ってください。

<お知らせ>8月12日(水)~16日()まで夏季休業いたします。

りんきちのホームページ

いつかはTIME

アルミロードからの乗り換えで、フランスメーカー TIMEの
アルプデュエズ21を納車しました。

DSCN6727 (640x480) DSCN6728 (640x480)
TIMEはカーボン糸の素材から生産まで一貫生産する、珍しいメーカーです。

DSCN6731 (640x480)
納車させていただいたフレームは、最後のフランス本国生産で特別感があります。
現在はスロベニア製に移っていますが、一貫生産は守り続けています。

DSCN6734 (480x640)
TIMEのカーボン製ハンドルバー・ステム・ペダルは、フランス本国生産となります。

DSCN6732 (640x480) DSCN6730 (640x480)
フレームにはこれまた貴重なカーボンラグが採用されて、パイプとパイプを差して
接着し剛性を上げています。

DSCN6729 (640x480)
オーナーさんは憧れのTIMEを手にされて、とても嬉しそうでした。

DSCN6733 (480x640)
お店にTIME2021年モデルの資料が届きましたので、ご興味のある方は
店長まで聞いてください。

<お知らせ>8月12日(水)~16日()まで夏季休業いたします。

りんきちのホームページ

うれしい納車

約20年ぶりにロードバイクに乗る、ビアンキのオルトレXR3 DISCを
納車しました。

DSCN6720 (640x480) DSCN6721 (640x480)
完成車を一度フレームだけにして、ガラスの鎧のクリスタル
コーティングを施工しました。

DSCN6706 (640x480) DSCN6707 (640x480)
コンポーネントはオリジナルで、シマノのデュラエースとアルテグラの
ミックスで電動のDi2で組み立てました。

DSCN6723 (640x480)
女性が乗りやすいように、ステムを70mmに短くし無理のない
ポジションで乗る事ができます。

DSCN6724 (640x480)
旦那さんもビアンキのオルトレで、ご夫婦でビアンキは素敵ですね。
早く自転車に慣れていただき、楽しく走りましょう!

<お知らせ>8月12日(水)~16日()まで夏季休業いたします。

りんきちのホームページ

実用車タイヤ

郵政自転車から業務用自転車などに使われるBEタイヤは、
重くて頑丈な実用車に装着されます。

DSCN6709 (480x640)
お客様からのご依頼で、実用車のタイヤ交換をしました。

DSCN6711 (640x480)
耳つきタイヤでバルブの部分はハサミでカットします。

DSCN6710 (640x480)
タイヤをはめるにはコツと慣れが必要で、店長は15分もかかりました。

DSCN6708 (480x640) DSCN6712 (640x480)
ホイールだけでも約2kgもあり作りは頑丈で、やっぱり働く自転車ですね。

りんきちのホームページ

楕円リング

ペダリングにはトルクのかかりやすい部分と、上死点、下死点と言った
デッドスポット(トルクのかからない部分)があります。

DSCN6688 (640x480)
回転効率を考えるなら、最大トルクが出せる部分が最大ギアであれば、
最も良い結果が期待できます。

DSCN6686 (640x480)
このオーシーメトリックの楕円は、さらに進化させた形で、通常の楕円リングは
最大ギアから最小ギアに移り変わる際、徐々にそのギアが変化していきます。

DSCN6687 (640x480)
オーシーメトリックの場合、最大ギアから最小ギアに2~3枚の歯で素早く
移るように設計しています。

DSCN6690 (640x480)
これでデッドポイントを出来るだけなくすようにした形(平行四辺形)であり、
他の楕円リングよりデッドポイントが少なく、さらに効率がUPします。

ご興味ある方は、是非お試しください。

りんきちのホームページ

 | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

りんきちオーナー

Author:りんきちオーナー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスありがとう

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク